« 第33回長野有機農業研究会大会 | トップページ | ブログお引越し »

2013年2月 7日 (木)

土壌診断強化合宿2013

旧十二月廿七日

「経営勉強会」、「技術交換会」に続き、ぷ組主催勉強会3連発の第3弾、最後の勉強会「土壌診断強化合宿」に参加してきました。

ぷ組員以外にも多数の参加者がいて総勢44名。

全国からさまざまな農家さん、非農家さんが土壌診断というキーワードで集まり、1泊2日でともに学び合いました。

自分の畑の土を土壌診断に出すまでは多くの農家がやっていることですが、その結果をどこまで自分のものとして理解しているか?という一歩踏み込んだところを理解するための勉強会です。

市販の教材や講師の方が用意する教材はなく、すべてそれぞれの土の検体結果を教材として話しを進めていきます。

僕自身も3か所の畑の土を診断に出しました。

とても勉強になったし、去年よりぐっと理解が深まったのですが、正直、頭パンパン。

でもこういうことが現場に反映されると、さらにいいと思います。

というか現場に反映させてなんぼですね。

春が待ち遠しい今日この頃です。

« 第33回長野有機農業研究会大会 | トップページ | ブログお引越し »

コメント

とても興味深いねぇ。圃場の状態を勘だけじゃなくて、データに基づいて理解できるって良いね。これからは土壌診断に放射能の項目も含まれるようになるのかな?

そら屋さん
代々農家で現場で学びながらという環境ならともかく、僕のような新規者は勘でやってたらとても追いつかない。
放射能は土壌の科学性的には作物の生育上は問題にならない(それがさらにやっかい)から全く別の考え方だよね。
個人のレベルを超えているので、国や自治体がもっと積極的に放射能測定するべきと思う。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壌診断強化合宿2013:

« 第33回長野有機農業研究会大会 | トップページ | ブログお引越し »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ