« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月22日 (水)

収穫体験~続・開墾

旧七月五日

東村山子ども劇場の夏の恒例キャンプが今年は小川村の隣の大町市にある、中山高原キャンプ場で行われています。

小川村から15分くらいと近く、企画の一つとして野菜の収穫体験を僕の農場ですることになり先日、子どもたちが来ました。

まずはオクラの収穫。

Photo


Photo_2


大人の身長だと中腰で大変だけど、子どもの背の高さにはぴったり。

特に赤いシャツの小学4年生の男の子は、目線の高さにオクラがなっていて、ジャストフィット!

僕より収穫、早いです。(笑)

続いてインゲン。

Photo_3


収穫後、みんなでおにぎり食べて、いい時間でした。

その日の午後は開墾作業の続き。

新たに借りた二枚の畑の二枚目に取り掛かってます。

通りがかった先輩有機農家の河辺さんが、「やってるね~」とか言って、チェーンソウ、刈払機持ってきて手伝ってくれました。

With

感謝!!

こちらの畑はさらに手強くて、放棄地になって十数年。

そうなると木が生えてくる。

今週末あたりにバックホーで抜根する予定です。

2012年8月21日 (火)

武田マリさん直伝「One Love アイタルシチュー」

旧七月四日

昨日まで僕の両親が、我が家に滞在していました。

父親は孫の結との初対面。

11日間の滞在中、大半は母親は家の掃除や庭の草取り、父親は野菜の出荷手伝いをやらされるという状態。

僕もあやちゃんもおかげで大助かりでしたが、両親にしてみればなかなか大変だったと思います。

特に父親はこの春、脳梗塞をやり現在リハビリ中の身。

リハビリと称して、ズッキーニの箱詰めやオクラやインゲンの袋詰めをやらされるという毎日。

思うように体が動かないもどかしさに悩まされていたけど、こちらは猫の手も借りたいので本当に有り難かったです。

もちろん我が家のツブ(猫)は知らん顔です。

Photo_2

それでもここの環境には癒されるようで、田舎ができたようだと喜んでいました。

東京へ戻る前日は、夏野菜をたっぷり使った「One Loveアイタルシチュー」で最後の晩餐。(母親作 畑でヘロヘロになって帰り、なかなか料理をするところまでたどり着かず…、見たことないスパイス…とか言いながら作ってくれました)

One_love

この「One Loveアイタルシチュー」は東京でアフリカンドラム&ダンスのクラスを主催するAfrican grooveの武田マリさんが教えてくれたレシピです。

以前、野菜を送ったら作ったと言って教えてくれました。

ココナッツミルクとスパイスが効いていて、夏にピッタリ!

しかも!

Photo

マリさんがお礼にといって、奄美大島産のラム酒「ルリカケス」を送ってくれ、アイタルシチューとラム酒で最高なOne Lve ナイトでした。

マリさん、ありがとうございました!

なんとか、この夏を乗り切ることができそうです。

2012年8月18日 (土)

大雨

旧七月一日

昨日の夕方から降った雨は、初めて体験するほどのすさまじい降りでした。

夕方ズッキーニの収穫をしていると、どんどん降りが激しくなり、最後は前が見えなくなるほどで、途中で収穫を諦め、帰宅。

家に帰ってからも雨は激しさを増し、道は半分埋まって川の様。

家の裏の石垣からは、滝のような水の流れ。

ここ小川村での一番の災害の要因は土砂崩れ。

去年も地すべりで大規模に道路が落ちた箇所もある。

大丈夫かな~という不安な時が過ぎ、やや小康状態になると、なにやら道上で村の人が集まっている。傘をさして上がっていくと、道路の上の土手が崩れて道へ土が流れ出ていました。

幸い大きな地すべりなどはありませんでしたが、なかなか恐ろしい体験でした。

さっそく下の路雄さん(土建屋さん)が、重機で詰まった配管や流れ出た石などを片付けてました。

頼もしいです。

2012年8月12日 (日)

65㎏→59㎏

旧六月廿五日

僕の体重のことです。

冬に65キロあった体重、先日久しぶりに計ったら59キロでした。

最近、会う人会う人に「痩せたね」と言われていたけど、本当に痩せてました。

でもこの時期は食べても食べても消費カロリーに追いつかない。

多分、健康的な痩せ方だと思うのだけど。

最近は新たに借りた畑の開墾作業。

何年も耕作放棄地でふじづるの絨毯の様相。

Photo


とりあえず草は叩きおえ、

Photo_2


今季の秋作には間に合いそうです。

2012年8月 4日 (土)

オクラの収穫

旧六月十七日

オクラの収穫も始まりました。

Photo

初期は木が低いので、常にしゃがんでの収穫作業。

これはいい運動になります。(というか結構つらい)

クモの巣は顔にかかるし…。

クモの方こそ、毎日巣を壊されるのだから迷惑だろうが。

一昨日は旧暦六月十五日で満月。

ズッキーニ畑へ収穫に行く途中に見えた、朝5時のお月様です。

Photo_2

2012年8月 1日 (水)

JAS有機認定の取得をしました。

旧六月十四日

振り返れば、ここに至るまでの道のりは長かった…

去年の暮れに講習会の手続きをして、2月に講習会を受け、4月に書類一式(これが面倒で面倒…)を提出し、6月に検査員がほ場検査に来て、その結果を認証機関の判定委員会で審査し、OKとなって晴れて認証を受けた!と思いきや、「申請料金が未払いなので判定書が送れません」との連絡を受け、秋まで支払待ってくれませんかという言葉をぐっと呑み込み、農協で振込み認定書が届いたのが、先週のこと。

Jas

ぶっちゃけJAS有機の認証を取ることが、有機農産物を生産する農家にとって、必要か不必要か、損か得か、善か悪か等々ありますが…(笑)

まあ、そういった細かいことは一切割愛して、無事認証が降りて良かったです。

認証が必要なところにはシール貼って、必要でないところは貼らずに出すという選択枠が増えること自体はいいと思います。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ